MENU

危険な症状の便秘

便秘といっても日常的に便秘の状態が続いている人もいれば、大腸の検査が必要なくらい重症の便秘もあると思います。ここでは危険な症状の便秘について紹介したいと思います。例えば、急に食生活も生活習慣も変えていないのに、便秘の症状がひどくなったという人は危険です。また、お腹を触ったときに、しこりがある場合も、なんらかの病気でしこりが出来ていて便秘を伴っていると考えられますからこの場合の便秘も危険です。また腹痛や吐き気、熱を伴う便秘も危険ですし、便の形や色を見て便秘の危険度がわかる場合も有ります。例えば、白っぽい便が出たり、黒っぽい便が出たとか、便に粘り気があって、血液が混じっているような場合も、注意が必要です。

 

また便秘を改善させようと思って生活習慣を変えたのに全然便秘が改善されない場合は、肛門が痛い、便秘の症状の一つで体重が減っているときはストレスがたかって精神的に追い詰められてるときも危険です。他にも便が細いといった形の場合にもなんらかの異常が考えられますから出来るだけこれらの症状が現れた場合の便秘の場合には、早めに病院へ行って検査を受けるようにしましょう。大腸や腸の病気を伴う便秘の可能性もあり、放っておくととりかえしのつかないことにもなりかねません。

便秘解消体操

便秘解消には体操が効果的です。便秘解消体操はいろいろありますがここでは簡単な便秘解消のための体操を紹介したいと思います。まず、便秘解消のためには腸を刺激することが大切です。ですから腰をひねったり、体を曲げてみて腸を刺激するように心がけましょう。腸が刺激されると腸のぜん動運動が活発になるために便秘が解消されますし、ウェストも引き締められると思います。それから腹筋を鍛えることも便秘解消運動のひとつです。正しい腹式呼吸を覚えて、背筋を伸ばして、腹筋を意識しながら腹筋をしましょう。それだけできっと腸の働きがよくなって便秘の解消につながるのではないでしょうか。

 

今紹介した簡単な便秘解消運動以外にも、自分でもいろいろと腸を刺激するような動きを考えれば便秘の解消運動になると思います。自分のやりやすいように、自分にあった体操を自分で見つけても良いですね。便秘解消体操のポイントはとにかく腸を刺激することが大切です。腸が刺激されれば便意が起こりますからそれによって便秘の解消になります。直腸性便秘の人は便意が感じられない症状があるといわれていますが、この便秘解消体操をして便意が感じられるようになれば便秘の解消に直接つながります。

便秘解消に便を柔らかくする

便秘解消のために便を柔らかくするという方法があります。便秘解消に便を柔らかくするには、どうすればいいのか紹介したいと思います。便秘解消に便を柔らかくするには、水分が一番だとも言われていますし、水分補給を行うと便に水分が含まれて便秘になりにくいスムーズな排便の出来る便になるといわれています。ですが、水分補給をガンあったとしても口から入った水分というのは意外とすぐに腸で吸収されてしまいます。ですから便秘解消で便を柔らかくする時は水分よりも食物繊維をとったほうが便を柔らかくすることができるといわれています。

 

一日に大体食物繊維を便秘で悩んでいる人は25グラムくらい食べると便秘の解消につながるといわれています。日本人が平均して食べている食物繊維の量というのは一日に15グラムほどだといわれていますから、便秘になりやすいようです。ですから、水分補給ももちろん適度に行ってそれと同時に一日に最低でも25グラムくらいの食物繊維をとるようにすることが便秘の解消になる便を柔らかく出来る方法です。便が排便されやすい柔らかさになればスムーズに排便されて便秘の解消につながります。便秘を根本的に解消したいと思っている人は食物繊維をとって便を柔らかくしましょう。